コラム「石巻で輝いた、選手と子供たちの笑顔」

震災など、人の生死に関わる深刻な事態を前にしたとき、スポーツであるサッカーが直接的な力になることは難しい。

だが、人の心を揺さぶることができるスポーツとそこに関わる人たちが、まったく力になれないのかというと、そうではない。ときとして、大きな影響力を与えられる可能性があること、大きな助けにつながることがあることは、これまでに何度も、サッカーをはじめとするスポーツが証明してきているからだ。

10月20日、13時からベガルタ仙台とのJ1リーグ第29節を戦ったチームは、その日、埼玉県には戻らず、そのまま仙台市内に宿泊した。翌21日、「東日本大震災被災地復興支援 子供たちとのサッカー交流会」を行うためだった。

帯同した18人のメンバーやスタッフを二手に分け、石巻市と名取市で交流会を開いたのだが、私は、その石巻市の交流会を取材するため、チームに帯同させてもらった。

仙台市から50kmあまり北東の沿岸部に位置する石巻市は、宮城県の中で東日本大震災(その多くは津波)による死者が3,000人を超える最も人的な被害があった場所だ。

朝8時に仙台市内のホテルを出発した一行は、時間の都合上、ゆっくりとは見られなかったものの、交流会の前に、石巻市の現状をバスで視察した。

住宅があったとされる場所は、何もない原っぱになっていたり、市内には多くの瓦礫がいまだ山積みとなっていたりして、1年半以上がたった今も、復興とは遠い現状なのだと、あらためて感じさせられた。…

(元記事: http://bit.ly/TbfPN2 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 2 =