「間違いなく正しい方向に向かっている」ミシャ監督

Jリーグ第29節 vsベガルタ仙台後のコメント

「今日はみなさんもご存知の通り、両チームにとって非常に大切なゲームであったと思います。

立ち上がりクロスから失点をして、1-0でリードされた形から試合が始まってしまったような感じでしたが、その後、選手たちは落ち着いてゲームを進めてくれたと思います。

今日のピッチに関しては非常に悪い状況の中で、我々にとっては非常にやりにくい試合であったと思います。仙台は長いボールを多用するサッカーですので、両チームのサッカーの違いから見ても、我々にとってはやりにくい、マイナスとなったピッチコンディションではあったと思います。そういったコンディションの中でも選手たちは落ち着いて戦ってくれたと思いますし、相手コートでほとんどゲームを進めるような展開で前半は戦ってくれました。

ただ、前半は最後のパス、フィニッシュという相手ゴールに迫っていく部分が足りなかったと思っています。

後半に入ってからも我々が主導権を握って相手を押し込むような形で試合を進めましたが、2点目そして3点目と自らのミスから失点をしてしまいました。2点目に関しては、真ん中でボールを奪いきれずに3対3のような状況を作られて失点し、3点目に関してはご覧の通りです。選手たちは引き続き攻撃を続けて2点目を取り、その後3対3にできるチャンスももちろんあったと思います。

試合を通して決定的なシーンは作れていたわけですが、残念ながらそういったチャンスを生かし切ることはできなかったです。

逆に相手は3本のシュートが3本とも入ってしまったような試合であったと思いますし、そこが今日の試合の結果を決定づけるものになってしまったと思います。

非常にピッチコンディションが悪い中での試合でしたが、選手たちは非常によく戦ってくれたと思います。仙台を運動量でも内容でも明らかに上回ったと思います。ただ、ミスのところで失点してしまったところに関しては改善しないといけないと思います。また仙台とここで戦うにあたっても今日のようなサッカーをやりたいと思いますし、もちろん今日のようなミスはなくしていかなければいけませんが、今日戦ってくれた選手たちを私自身は誇りに思っていますし、負けはしましたが、我々は間違いなく正しい方向に向かっていると思います。よく戦ってくれた選手たちを誇りに思っていますし、彼らを誉めたいと思っています」

(元記事: http://bit.ly/T52d5T 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 6 =