上位直接対決を制し、終盤戦に弾みをつけよう

シーズン終盤の天王山のひとつ、優勝争いのライバル同士の直接対決となるJリーグ第29節ベガルタ仙台戦は10月20日(土)13時よりユアテックスタジアム仙台で行なわれる。

13勝9分6敗、勝ち点48で3位につける浦和レッズと、勝ち点51で2位にいるベガルタとの戦い。残り6試合となった今は、すべての試合が最終順位に直結していく時期だが、とりわけベガルタ戦の位置づけは重要だ。ここで負けるようなことがあれば、現在勝ち点54で首位に立つサンフレッチェ広島との差がさらに開く可能性があり、そうなれば優勝争いからほぼ脱落することになるからだ。

レッズはここ3試合で1勝2敗と、足踏み状態が続いている。対するベガルタもここ4試合は2勝2敗と停滞中。そういう意味からも、レッズとしては絶対に勝ち点3を取りたい戦いとなる。

ベガルタは4-4-2のフォーメーション。手堅い守備でチーム史上最高の4位という成績を残した昨シーズンのメンバーに、今シーズンは点取り屋のブラジル人FWウイルソンが加入し、攻撃力が大幅にアップした。10得点でチームを引っ張るウイルソンと2トップでコンビを組む赤嶺真吾も、9得点を挙げている。

(元記事: http://bit.ly/V9Lhgy 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − five =