「チャンスでいかに決めるかが重要」ミシャ監督

天皇杯3回戦 vsカマタマーレ讃岐 前日のコメント

「まず先週末の試合、非常に残念な悲しい結果に終わってしまいました。その結果に対して我々は非常にショックを受けました。そのショックは選手にも我々スタッフみんなにとっても、まだ胸の奥深いところに刺さったままであると、私は思います。

ですが、次の試合は待ってくれないので、早く切り替えなければなりません。前の敗戦からいかに学び、つなげていけるかが大事になってきます。これまでの我々は必ず敗戦から学び、次につなげてこられたと思っています。

これまでの傾向として、相手が自陣深くで人数をかけて守ってくると手を焼いているのは確かだと思います。

明日のゲームも、そういった展開になるでしょう。自陣に引いて、我々のミスからボールを奪ってカウンターという狙いがあるだろうし、そういう試合展開になるだろうと思います。相手チームの選手を見れば、ほとんどの選手がかつてJリーグでプレーした選手ですし、2回戦ではアウェイで鳥栖に勝利しているチームです。鳥栖はおそらく今シーズン、ホームで最も結果が出ているチームだと思いますが、その鳥栖を相手に勝利しています。相手の明日のやり方を想定すれば、札幌戦と似たような展開になるのは十分に考えられます。札幌戦は、ゴールを決めるチャンスは十分にあったし、そこを決めていけるかどうかだったと思いますが、明日もチャンスを作ることができると思います。そこを決めきれるか。札幌戦を踏まえて、明日のゲームでそれを活かさなければいけません。

我々が先制することができれば、試合展開はまったく違ったものになるでしょう。相手は点を取らなければいけないという展開になれば、相手も下がって守備を固めているだけにはいかず前に出てこなければいけない。そうなれば、展開としては我々に有利になるでしょう。明日のゲームで重要になってくるのは、チャンスでいかに決めるか。チャンスに対するゴールの割合をいかに上げていけるか、そういったところじゃないかと思います」

(元記事: http://bit.ly/RMwWrP 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − two =