天皇杯で勝利し、勢いをリーグ戦につなげよう

第92回天皇杯全日本サッカー選手権は9月1日に開幕し、2回戦までを終了。浦和レッズは10月10日(水)19時より佐賀県総合運動場陸上競技場で行なわれる3回戦でカマタマーレ讃岐(香川)と対戦する。

カマタマーレ讃岐の前身は1956年に香川県立高松商業高等学校サッカー部出身選手により結成された高商OBサッカークラブだ。その後何度かチーム名を改称し、2006年から現在の名称となっている。

「カマタマーレ」とは香川県の名産である釜玉うどんとイタリア語で海を意味する「マーレ(Mare)」を合わせた造語。チームは10年に四国リーグ、社会人選手権、地域リーグ決勝大会で優勝し、昨年からJFLでプレーしている。今シーズンはJFL加盟1年目ながら大いに善戦しており、17チーム中、現在6位につけている。

(元記事: http://bit.ly/QPiIa1 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 1 =