vs札幌「痛恨の敗戦、ホームで勝ち点を奪えず」

6日、レッズは埼玉スタジアムでの第28節コンサドーレ札幌戦に臨んだ。19時4分のキックオフよりも早く、14時からのゲームで首位サンフレッチェ広島が引き分け、浦和レッズとしては勝ち点差を縮める大きなチャンスとなった。

レッズボールでキックオフされた前半、出場停止が明けた啓太が先発に復帰したチームは落ち着いたボール回しからチャンスをうかがう。10分には坪井が攻撃参加して右サイドでFKを獲得、柏木が左足でゴール前に送ったボールに永田がニアポストで合わせるが、ヘディングシュートは惜しくも枠を外れる。…

(元記事: http://bit.ly/Od8EHQ 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + 4 =