vs柏「アウェイで劇的な逆転勝利を飾る」

29日、チームは国立競技場での第27節柏レイソル戦に臨んだ。19時4分、試合はレイソルボールでキックオフ。啓太を警告累積で欠く浦和レッズは柏木をボランチに起用。梅崎をシャドーに置き、左のワイドには宇賀神が入った。

試合は5分に相手GKのキックミスをきっかけに原口が両チーム通じて初めてのシュートを打って以降、急激に動き出す。数十秒後にはレッズエンド右からのアーリークロスからエリア内でのシュートを許す。しかし、これは加藤が素晴らしい反応でセーブ。その後は柏木・平川とつないで右クロスに原口、梅崎のサイドチェンジから宇賀神の右足カットインシュートなど惜しい場面が続く。一方の柏も早い切り替えからレッズディフェンスラインのギャップをつこうとスルーパスを狙い、一進一退の攻防となる。

(元記事: http://bit.ly/StnCpg 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − three =