上位固持へ連敗を阻止

0-5で大敗した前節ガンバ大阪戦から巻き返しを図る浦和レッズ。次の試合は9月29日(土)19時より国立競技場で行なわれる第27節柏レイソル戦だ。

昨シーズンのJリーグ王者であるレイソルとの第1戦は3月17日の第2節、埼玉スタジアムで行なわれたホーム開幕戦だった。その試合、レッズは、強固な守備とテンポの良い攻撃で前年の王者に真っ向勝負を挑み、1-0で勝利を収めた。

“ミシャ・レッズ”の初陣だった開幕戦のサンフレッチェ広島戦で、スコアこそ0-1ながら内容的には完敗を喫していただけに、1週間でしっかりと修正課題を克服し、なおかつレイソルの特長を封じての勝利は、その後の戦いに大きな影響を与えた。

つまり、「レッズは負けからしっかりと学ぶことができるチーム」。槙野智章がことあるごとに口にするように、今シーズンのレッズは連敗が一度もなく、それが上位キープの要因になっている。

(元記事: http://bit.ly/P8jM4m 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 2 =