vsG大阪「相手のカウンターにはまりホームで完敗」

22日、埼玉スタジアムでのガンバ大阪戦。ホーム・埼スタでのリーグ戦では優勝を決めた2006年最終節以来、対ガンバ戦では勝利のないレッズ。さらなる上位を目指すためにも、チームは必勝の態勢で臨んだ。

16時4分、曇り空の下、レッズボールで試合はキックオフされた。

前節横浜F・マリノス戦と同じ布陣ではじまった前半、ボール支配率では優勢に進めながらもフィニッシュまで至っていなかったレッズは19分に失点。FKから自陣ペナルティーエリア左にボールを入れられ、振りの速いシュートを許して0-1とされる。先制された直後にもカウンターから決定機を作られるが、加藤が前に出てシュートコースを狭めてミスを誘って事なきを得る。

(元記事: http://bit.ly/PTI82w 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =