「難しいゲームだったが、それをやってのけた選手を褒めてあげたい」ミシャ監督

Jリーグ第25節 vs横浜F・マリノス後のコメント

「ちょっとここでゆっくり休んでからコメントをしたいですね(苦笑)。スカパーのフラッシュインタビューに行くまで、300メートルくらい歩きましたし、ここに来るまで階段を上がってこなければいけなかったので、ちょっと疲れています(笑)。ただ、大丈夫です。始めましょう。

非常に入りの悪い前半でした。これまでは前半、非常に良いゲームができて、後半、自分たちのサッカーができなくなるというのがよくあった展開でしたが、今日は非常に入りが悪かった。何か怖がりながら入ってしまった前半でした。そういった入りが悪い中で先に失点してしまった、入りが悪い中でさらに状況を難しくしてしまいました。

相手は1点リードする中で、守備的なディフェンスの選手がうちのシャドーにつく形で、6バック気味な守備的な形で相手に守られてしまったので、そういった相手を崩すのはなかなか簡単ではなかったと思います。先に失点してしまったことで、その後、自分たちがゲームを進める上でより、難しくなってしまいました。相手は6バック気味に守る中で、残りの4人の選手もセンターラインより後ろに入る布陣に、我々は手を焼きました。

マルキーニョス、小野、齋藤、中村と、リーグの中でも非常に攻撃的な、危険な選手、カウンターをしたら危険な選手がいる中で、仕掛けなければいけませんでした。0-1でリードされ、相手にとって理想的な展開になりました。そういった中で、やらなければいけなかったことは後ろからボールを持ち運ぶことです。

例えばそれは阿部、永田、槙野といった選手が後ろからいかに持ち運んでいくか。持ち運ぶ中で数的優位を作ることにより、相手がそれに対応しなければいけなくなる。そうすればどこかに穴があく、そういった部分を意図的に作らなければいけなくなった。それが落ち着いてできるようになったのは20分過ぎからだと思います。

私は選手を褒めたいと思います。厳しい、難しい展開の中で、20分過ぎからより危険に自分たちの形というのを落ち着いてできるようになった。そして逆転して勝利することができた。難しいゲームだったと思いますがそれをやってのけた選手を褒めてあげたいと思います」

(元記事: http://bit.ly/O6f8JI 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + one =