vs横浜FM「次戦に勢いをつけるアウェイでの逆転勝利」

15日、浦和レッズは日産スタジアムに乗り込んで横浜F・マリノスと対戦。マルシオ リシャルデスが復帰してシャドーの位置に入り、ベストと言っていい布陣で臨んだレッズだったが、19時3分のキックオフから5分後、先制を許す。自陣左サイドで人数をかけての守備をドリブルで突破されてペナルティーエリア角からクロス、ファーサイドでフリーになっていたマルキーニョスのヘディングシュートを浴びる。狙い澄ましたシュートに加藤は一歩も動けず、見送るしかなかった。

(元記事: http://bit.ly/O6f1h8 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =