「我々にとって、勝ち進んだことが大切」ミシャ監督

天皇杯2回戦 vsヴォルカ鹿児島後のコメント

「非常に難しい前半だったと思います。0-1で先にリードされてしまう展開から、自分たちで難しくしてしまったと思います。

前半は本来、我々がやろうとしていること、あるいはやっていることが出せなかったと思います。後半に入って、前半よりはベターな戦いができた中で、2点目を取って、3点目を取れるチャンスが何回かありました。チャンスを決めきれないということに関していえば、決して我々にとっては目新しいことではありません。この時期に13時キックオフというのは、選手たちにとって決して簡単ではなかったと思います。

我々にとって大切だったのは、勝ち進んだことです。決してドラマチックな終わりにならなかったこと、それは我々にとって良かったと思っています。相手選手たちは非常にモチベーション高く戦えるゲームだったと思いますし、そういった相手との一発勝負は選手たちにとって、簡単ではなかったと思います。最終的に勝利できたこともよかったですし、私自身、あるいはほかに見ていた方も、いくつかの点に関して、確認できたことも良かったのではないかと思います」

(元記事: http://bit.ly/O1kkZk 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =