浦和駒場スタジアムリニューアルオープン後の初戦を勝利で飾ろう

全国から88チームが参加し、ノックアウト方式で争う第92回天皇杯全日本サッカー選手権は、9月1日に開幕し、すでに1回戦が終了している。浦和レッズは9月8日(土)13時から浦和駒場スタジアムで行われるヴォルカ鹿児島(鹿児島)との2回戦から登場。浦和駒場スタジアムがリニューアルオープンしてから、レッズのトップチームが登場するのは初となる。

ヴォルカ鹿児島は、1959年に創立された鹿児島サッカー教員団を母体とするクラブチーム。鹿児島からJリーグ入りを目指すクラブチームとして、1995年に『ヴォルカ鹿児島』と名称変更し、再結成された。ヴォルカとはフランス語のヴォルカン(火山)の造語。桜島を臨む、鹿児島らしい名称だ。

(元記事: http://bit.ly/Rp8U1R 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − fourteen =