「引き続き我々は全力でプレーして戦っていく」ミシャ監督

Jリーグ第24節 vs大宮アルディージャ後のコメント

「前半は良い形で試合に入ることができて、良い形で得点をして1-0でリードすることができました。前半の中で、何度もチャンスがあり、2点目を決められるチャンスもありましたが、残念ながらそのチャンスを決めきれない、そういった中で唯一の相手のシュートがゴールになったという前半でした。相手が一人少ない中で、失点したわけですが、それが今日、唯一のミスでした。ああいった中で失点してしまったことが相手を生き返らせてしまうことにつながりました。

相手が一人少ないということもあって、後半は一方的に相手のゴールを攻める展開だったと思います。そういった中で決定的なシーンがいくつかありましたが、残念ながら今日はそれがゴールに嫌われるという試合でした。もちろん選手たちは最後まで勝利を目指して戦ってくれたと思います。

ただ、今日の試合に関しては、運がなかったというか、ゴールに嫌われたゲームでした。この結果に対して選手たちもクラブのスタッフも、そして見ていたサポーターのみなさんも非常に残念な思いをしていると思いますが、ただ、我々は引き分けましたが、上位を戦っています。

必要以上にがっかりすることはないと私は思います。サッカーは一つのスポーツです。全力で戦った上で結果がどうなるか、それは終わってみないと分からない。

ただ、今日のゲームを見る限り、選手たちはとにかく全力で戦ってくれました。我々はそういった部分を浦和レッズとして変えていかなければいけません。必要以上に結果に対してがっかりするというところは変わっていかなければいけないと思います。5ヵ月前、6ヵ月前、浦和レッズがどうだったか、見ている方は早く忘れてしまいがちです。

24節を戦ってきた中で、これだけの成長を遂げたチームは日本にはないはずです。我々は今日の試合をもってしてもまだ上位を戦っています。そしてまだ一番上を取るチャンスも残されています。残り10試合、我々は必要以上に下を向く必要はありません。とにかく、引き続き、戦っていくだけです。今日のゲームも選手たちは全力で勝利を目指して戦ってくれました。残念ながらボールが何回もポストやバーに当たってしまったシーンがありましたが、それでも選手たちは最後まで勝利を目指して戦ってくれました。

私は選手たちを褒めたいと思いますし、そして引き続き我々は全力でプレーして戦っていく、それだけです」

(元記事: http://bit.ly/QbFisk 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 2 =