ダービーを制し、スタジアムで至福の時間を共有しよう

前節アウェイでの清水エスパルス戦に2-0で快勝し、連勝で意気上がる浦和レッズの次の戦いは、9月1日(土)18時3分、埼玉スタジアムでキックオフとなる大宮アルディージャとの『さいたまダービー』だ。

2005年にJ1昇格したアルディージャとは、これまでにリーグ戦で15度対戦してきた。初対戦だった2005年7月9日は、雨の埼玉スタジアムに5万437人のファン・サポーターが終結。1-2でアルディージャが勝利を収めた。

2度目の対戦からはレッズが3連勝し、その後は拮抗した試合が続いていったが、このところはレッズが苦戦を続けている。もちろんチーム構成は年によって違っているが、おおむねレッズがボールを所持し、アルディージャが守備ブロックを敷いてくるという構図。レッズは個の力で勝りながらも、カウンターから失点するというパターンが続いているのが現状だ。

特に最近2試合は、いずれも無得点で黒星を喫しており、通算成績では5勝4分6敗と負け越している。同じホームタウンを持つクラブに負けてはいけないというのは、言わずともがなのこと。しかも今シーズン第1戦では0-2と完敗を喫しているだけに、選手たちは強い気持ちを持って、この試合に挑む。

(元記事: http://bit.ly/OBgQgG 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 8 =