vs清水「アウェイで無失点快勝で勝ち点3を持ち帰る」

J1第23節は25日に行なわれ、浦和レッズはアウェイのエコパスタジアムで清水エスパルスと対戦した。スタジアムにはアウェイゴール裏の一角を赤く染めるサポーターが集結。試合前から大音響の声援を送り、選手を鼓舞した。

18時4分、レッズボールでキックオフ。レッズの陣容は、前節の鹿島アントラーズ戦で右太もも裏を痛めた柏木陽介が欠場となったが、その位置には警告累積から復帰したマルシオ リシャルデスが入った。左FWにはこのポジションでの先発が3試合目の梅崎 司。1トップには原口元気が入った。それ以外のポジションは前節と同じメンバーで試合を開始した。

立ち上がりは両チームとも積極的にゴールに迫っていく。エスパルスは主力選手の出場停止にともなってディフェンスラインにフレッシュな顔ぶれが入り、2トップの一角には移籍加入2試合目のロンドンオリンピック韓国代表FW金賢聖。先発11人の平均年齢23・09歳という若いメンバー構成でレッズに対峙する。

(元記事: http://bit.ly/RaHXzm 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 2 =