「攻撃的な姿勢を常に持って戦ったゲーム」ミシャ監督

「今日、敗戦したわけですが、なぜ我々が敗戦してしまったのかは、誰もが説明をするのはなかなか難しいようなゲームだったと思います。立ち上がりから主導権を握って、攻撃的な形へとつなげていたゲームだったと思います。攻撃的な姿勢を常に持って戦ったゲームだったと思います。相手の作ったチャンスというのは少なかったと思います。

残念ながら、今日のようなレフェリーの判定というものはサッカーに含まれるものですが…。今日はゴール前20メートルくらいまではボールを運べるのですが、ラストパスやシュートの精度が欠けた試合だったと思います。非常に不運な負けだったというふうに思いますが、これでリーグ戦が終わったわけではないので、次に切り替えて、また準備したいと思います。とにかく1試合1試合、大事に戦っていきたいと思います。以上です。アリガトウ」

(元記事: http://bit.ly/OftIh1 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + 9 =