夏場の運動量で相手を勝りながら、アウェイで勝ち点3を

Jリーグ第21節、浦和レッズ対ヴィッセル神戸は、11日(土)19時よりホームズスタジアム神戸で行われる。レッズは5月6日のジュビロ磐田戦からリーグ戦11試合負けなしで3位につけているが、前節のFC東京戦では2-0から追いつかれて引き分けに終わるという、悔しい試合を演じてしまった。

今度の試合はアウェイでの戦いになるが、前節ホームで味わった悔しさを晴らし、また、その試合の反省を生かしながら必ず勝利を手に入れたい一戦だ。

ヴィッセルは今シーズン、野沢拓也や橋本英郎、田代有三や伊野波雅彦らの精鋭を獲得したが、春先はリーグ戦とヤマザキナビスコカップを合わせ、6戦連続無得点で6連敗を喫した。

成績不振により、4月末に和田昌裕監督を解任し、10年間率いたガンバ大阪を昨シーズン退任したばかりの西野朗監督が、第13節から指揮を執っている。

西野監督の就任後は3連勝を飾り、チーム状況が好転したが、その後は前節まで4試合白星なし。前節の名古屋グランパス戦では田中マルクス闘莉王になんと4ゴールを奪われ、1-5と大敗している。

(元記事: http://bit.ly/NmNZO6 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 7 =