vsFC東京「後半に追加点を奪えず、ホームで痛恨のドロー」

4日、浦和レッズは埼玉スタジアムでの第20節に臨んだ。相手はアウェイで1-1と引き分けたFC東京。試合は18時4分、FC東京ボールでキックオフされた。

柏木を出場停止で欠くレッズは、柏木の位置に梅崎を起用。負傷明けの平川が右サイドに復帰し、前節・ジュビロ磐田戦では右でプレーしていた宇賀神が左へ回った。

アウェイでの対戦同様に硬い立ち上がりの試合となったが、11分、スコアが動く。右CKのチャンスにマルシオ リシャルデスが平川を使ってショートCK、平川がエリア右脇から上げたボールは相手に弾き返されるが、このリバウンドを宇賀神が左足でダイレクトで打ち返す。ペナルティーアーク後方から放たれた強烈なシュートがネットを突き刺した。

先制直後、FC東京・渡邉のエリア外からの強烈なシュートを加藤が弾き、ゴールエリアにこぼれる。これを田邉に押し込まれそうになるが、加藤と阿部がそれぞれ体を張ってコースを限定、枠内に打たせずにゴールを守る。24分にもペナルティーエリア内左から渡邉のシュートを許したものの、ミスに救われる。

この間、レッズはカウンターからのチャンスメークを狙っていたが、前線でキープできず。あるいは、相手の高いディフェンスライン裏を狙うもオフサイドとなってボールを失い、再び攻め込まれる時間が続いていた。

しかし35分、自陣から啓太が出したディフェンスライン裏へのパスに梅崎がうまく抜けだし、エリア内右へ。梅崎は中をよく見てマルシオにグラウンダーのパスを送り、マルシオがフリーで楽々と流し込む。カウンターのお手本のような形のゴールで2-0と突き放し、レッズは前半を終えた。

(元記事: http://bit.ly/QBDvj6 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 4 =