「毎試合、自分たちの力以上のものを出してきてくれた」ミシャ監督

Jリーグ第20節 vsFC東京後のコメント

「前半は非常に良いゲームができた試合だったと思います。その展開通りリードを奪うことができましたが、後半に入って運動量が落ちてくる中、相手に押し込まれる展開になってしまいました。その中から、失点を重ねてしまって最終的に引き分けという結果に終わりました。

ただ、相手の選手がペナルティーエリアの中でハンドをしたように見えたシーンに関しては、私自身はPKをとってもおかしくないのではと思います。2-0のスコアというのが非常に危険だということはハーフタイムに選手たちに伝えたのですが、残念ながら、後半、3点目を取りに行く力がなくなっていってしまいました。

しかしながら、2-2というスコアに関しては、非常に私自身は前向きにとらえています。FC東京は、J1リーグの中でも、質、そして層でも、もっとも戦える選手がそろっているチームだと思います。彼らは新しいシーズンに入って、補強をして、チームを強くしてきた。そういった経緯を見れば、今シーズン、すでに首位を争っていなければいけないポジションにいるべきチームだと思います。そのチームに対して、引き分けという結果で、前半は相手を上回れたことを見れば、この結果については決して私自身、悲観はしていません。

ここまでの20節の中で、選手たちは毎試合、自分たちの力以上のものを出してきてくれたと思います。だからこそ、後半は少し運動量が落ちてくる中、相手に押し込まれる展開になりましたが、そのことに関して私は、選手がきつかった部分というのも理解できます。自分たちの行くべき方向、目指すところというのははっきりしています。その方向性に向かって、突き進むだけです。

もしかしたら、我々は今シーズン、何かを得ることができるかもしれませんが、とにかくそこに向かって、全員で戦っていくだけです。我々は今日の試合をもって、11試合負けなしとなりました。そういうことに関しては、リーグの中でもそれほど多くのチームができることではありません。昨シーズン、降格を争ったチームが今、3位、4位というところにいる、それは選手がここまでよく頑張ってきている証拠だと思います。私ではなく、選手が頑張っている。その結果だと私は思っています。とにかく我々はこのメンバーで引き続き、しっかりと戦っていこうと思っています」

(元記事: http://bit.ly/QBDqvG 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 3 =