「勝利に価するゲームができた試合」ミシャ監督

「2週間ほど、リーグ戦があいて、その間に気温が非常に高くなってきました。そういった中での今日の試合だったので、どういうふうにチームが今日の試合で反応するか、なかなか予測がつかない部分がありました。

今日、対戦した磐田は非常に難しい相手でした。磐田は素晴らしいチームです。しかしながら我々のチームは立ち上がりから、しっかりと相手をコントロールできたと思っています。攻撃のところでもテンポを変える部分はうまくいったのではないかと思います。相手からボールを奪ったときに早く攻撃を仕掛ける、あるいは遅攻に切り替えてゆっくりとポゼッションしながら攻撃を進める、そういったテンポを変えるところは非常に機能していたと思います。

最終的に、勝利に価するゲームができた試合でした。立ち上がりから最後の最後まで、応援してくれたサポーターの方々には本当に感謝しています。選手たちもそのサポーターの期待に応えて、全力を尽くしてくれたのではないかと思います。今日、良い結果が出ましたが、決して我々は浮かれてはいけないと思います。選手も分かっていると思いますが、我々にはまだまだ改善しなければいけない点が残っています。1ミリたりとも、浮かれてはいけないと思いますし、残りの15節、非常に厳しい戦いが待っていると思います。

試合で良い結果を残すためにも日々、しっかりハードワークをしていかなければいけません。サッカーというのは現実を見失うことが一番、危険であると私はよく言っていますし、繰り返し、言っています。何勝かすると、すぐにリーグ優勝が見えてきた、あるいは狙えるのではないか、と周りの人は思うかもしれません。
ただ、シーズンは長いですし、決して現実を見失うことなく、1試合1試合、大切に戦っていかなければいけません。残りのシーズンも厳しい戦いが続くと思います。我々がやっているプロセスというのも、チームとして非常に難しい作業を今、しています。
良いサッカーをするということ、同時に結果も残していくということ。そしてチーム内では選手のセレクションも行ないながらチームを作っています。何人かチームを離れた選手もいます。補強に動いているチームも多いと思いますが、我々はこのチームでいこう、という思いで、戦っていますし、選手への信頼というのも日々、本当に高まっています。

我々はこのチームで、引き続き、残りの15試合も全員で力を合わせて戦っていこうと思っています。私にとっても難しい仕事になりますが、目指すところに向かって、しっかりとやっていきたいと思います」

(元記事: http://bit.ly/PXa0pk 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + fourteen =