真夏の夜、埼スタで勝利を飾り上位固持へ

Jリーグは1週の中断を挟み、7月28日(土)の第19節から再開する。浦和レッズの相手はジュビロ磐田。18時3分、埼玉スタジアムでキックオフだ。
レッズはジュビロと今シーズンすでにアウェイで2度対戦しているが、1分1敗とまだ勝ち星がない。

1度目の対戦は4月4日のヤマザキナビスコカップ予選リーグで、3-4の惜敗。そして2度目の対戦は5月6日のJリーグ第10節。この試合では2-1と勝ち越した後に追いつかれて、2-2の引き分けに終わった。勝ち点2を逃すという悔しい結果に、選手たちは唇をかむしかなかったが、悔しさは3度目の勝負の場で晴らせばいい。赤き戦士たちは、同じ相手に一度も勝つことなくシーズンを終えることは許されないと強い気持ちを持ってピッチに立つ。

両チームは現在、ともに上位につけており、力のこもった一戦になることが期待できる。

レッズは前述の5月6日・ジュビロ戦から前節のアルビレックス新潟戦まで現在のところリーグ9試合負けなし中だ。豊富な運動量とダイナミックな攻撃をベースとしたミシャ流サッカーは着実にチームに浸透し、春ごろに比べると攻守の切り替えが格段に早くなっている。現在8勝7分3敗、勝ち点31で3位という数字が、チームの戦う姿勢をはっきりと表していると言えるだろう。

(元記事: http://bit.ly/LRHJA2 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 2 =