コラム「11年前の今日(7月21日)」

2001年7月21日(土)、浦和レッズは第1ステージ最終節のサンフレッチェ広島戦に3-1で勝利し、小野伸二をオランダへ送り出した。

1998年にレッズ入りした小野は、たちまち攻撃の中心を担う選手となり、Jリーグの新人王とベストイレブンをダブル受賞する活躍ぶり。日本代表としても、その年開催されたFIFAワールドカップフランス大会に出場した。

チームがJ2で戦った2000シーズンはキャプテンとしてチームを引っ張り、2001年は再びJ1の場で輝きを見せていた。しかしオランダの強豪・フェイエノールトへの移籍話がまとまり、クラブもこれを了承。第1ステージ限りでレッズを離れることになった。

ホーム・駒場スタジアムでのファン・サポーターへの挨拶は、1週間前の7月14日(土)、第14節のジェフ市原戦。1-1で迎えた後半2分、自らのFK直接ゴールで勝ち越し、ホームラストゲームに華を添えた。

(元記事: http://bit.ly/Pv9uhY 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − four =