vs新潟「アウェイでスコアレスドロー、勝ち点1を積み重ねる」

前半戦を3位で折り返したレッズは14日、東北電力ビッグスワンスタジアムで16位アルビレックス新潟と対戦。前節と同じ先発メンバーでレッズは19時3分のキックオフを迎えた。

前半は互いに堅い守備と素早い切り替えからのカウンターの応酬に。10分にはアルビレックスのCKを永田が頭で跳ね返し、エリア外で原口が拾って速攻。ドリブルでハーフウェーラインを越えた原口が1人を股抜きで置き去りにして、相手ペナルティーエリアアーク手前で右へ展開。平川がニアポストにグラウンダークロスを送り、マルシオが右足でタッチするが、ファーサイドに向かったボールはわずかにゴールを外れた。2分後には自陣エリア右を突破されてシュートを許すも、加藤が弾いてこぼれ球は槙野がフォロー。23分には新潟・田中のエリア外からのシュートがブルーノ ロペスに当たって完全に加藤の逆をつく場面もあったが、ボールは枠を外れて救われる。

(元記事: http://bit.ly/NUzulB 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + eighteen =