「17節を振り返ってみると、選手たちは非常によく戦っている」ミシャ監督

Jリーグ第17節 vsサガン鳥栖後のコメント

「鳥栖はこれまで、勝利したゲームもあれば、勝てなかったゲームもありましたが、どのチームとの対戦においても、すべての試合できわどいゲームをしてきました。

コンパクトで激しいチームだと思っていましたので、今日も厳しいゲームになると予想はしていました。ただ、60分過ぎまでは我々が予想していたのとは違った形で進みました。

60分過ぎまではサッカーができたピッチだったと思います。ピッチの上では相手を上回っていたと思いますし、4-0のリードはそれに価するものだったと思います。

そして、マルシオのパスから陽介のチャンスがありましたが、それが決まっていれば5点をリードできていた、そういったゲームの流れでした。残りの30分は雨が強く降った影響でピッチに水がたまり、残念ながらサッカーをすることができなくなってしまいました。高さを生かしてロングボールを多用するという相手にとって優位な形のピッチコンディションになりました。

我々はそれまでしっかりボールをつなげていましたし、相手にそういった機会というのもあまり与えてこなかった。しかしながら、ああいった状況の中で残りの30分は相手の強さが出てしまいました。私はベンチから、相手の裏にボールを蹴り出すようにという指示を続けていて、声がかれるほど怒鳴っていたんですが、残念ながら選手にはうまく伝わらず、選手は後ろでつなぐようなことを続けていました。

ただ、選手がそういったことを続けてしまったことは十分に理解できます。ここ6ヵ月間は、ボールを縦に闇雲に蹴り出すなということは、ずっといってきましたし、常に後ろからポゼッションをして攻撃を組み立てるということをやってきましたから。選手にとっては私が出した指示はショックだったかもしれないですし、もしかしたら体が勝手に反応してしまったのかもしれません。

この17節、鳥栖のゲームを振り返ってみても、これほど鳥栖を上回ったチームはなかったのではないでしょうか。それは60分まで、でしたが。我々としては、ああいったピッチコンディションの中でどういうふうに戦わなければいけないのか、ということは今後、今日の教訓を生かして、もしそういったコンディションが今後、あるようであれば前にボールを蹴り出すようなサッカーに切り替えなければいけないということを、学んでいかなければいけません。

私自身は選手を非常に誇りに思っています。17節を振り返ってみても、選手たちは非常によく戦ってくれていると思います。特に今日のゲーム、60分過ぎまで、素晴らしい戦いができていました。我々が積み上げてきたもの、そして進むべき方向が正しいということを示してくれた60分だったと思います。
今日も後押しをしてくれたサポーターの皆さんにももちろん、感謝していますし、誇りに思っています。今日のゲーム、4点リードするところまではサポーターの皆さんも楽しんでくれたのではないかと思います。

ああいったピッチコンディションの中で、ああいう展開になってしまったことについては反省をしていますし、それを批判する人もいるかもしれませんが、しかしながら我々は最後に勝利できたことをうれしく思っていますし、その気持ちの表れが、私がこうしてシャワーを浴びて着替えてきた、ということになります(笑)」

(元記事: http://bit.ly/RAGogT 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =