vsC大阪「アウェイでアディショナルタイムに失点、痛恨のドロー」

30日、浦和レッズは長居スタジアムでセレッソ大阪と対戦した。レッズは啓太がリーグ3試合ぶりに先発メンバー入り。平川も2試合ぶりに先発した。

19時3分、小雨が降る中、セレッソボールでキックオフ。立ち上がりは互いに様子をうかがいながらゆっくりと試合を進めていく中、先に仕掛けたのはレッズ。9分、自陣でボールを奪うと梅崎が左サイドから持ち上がり、原口へとつないで最後はマルシオ リシャルデスがミドルシュートを打った。

雨で濡れたボールを強烈に叩きつけたシュートは相手GKに弾かれたが、CKのチャンスを得る。10分、柏木のCKからの永田のヘディングシュートは枠をとらえなかったが、レッズの積極的な姿勢が目につくようになった。

レッズはその後徐々に全体が押し上げていき、20分、先制のチャンスが訪れる。槙野、原口とつないでこぼれてきたボールを、ボランチの位置から上がってきた啓太が柏木とのワンツーで右足シュート。相手GKの動きをしっかりと見て打ったシュートは、きれいなカーブを描いてネットを揺らした。啓太にとっては今シーズン初得点。リーグ出場300試合目を自らのゴールで祝した。

(元記事: http://bit.ly/MgzpKG 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 16 =