アウェイの大阪で勝ち点3を手にし埼玉へ

Jリーグ第16節セレッソ大阪戦は6月30日(土)19時より、大阪長居スタジアムで行われる。

浦和レッズは現在リーグ6戦無敗(2勝4分)。15節を終えた時点での成績は7勝5分3敗で、3位に位置している。27日のヤマザキナビスコカップ予選リーグ・サンフレッチェ広島戦でも3-0と快勝するなど、チームとして着実に前進している最中なだけに、良い流れを継続して夏場につなげるためにも、セレッソ戦はしっかりと勝ち点を積み重ねていきたい試合だ。

レッズはセレッソと今シーズンすでに一度対戦している。4月18日のヤマザキナビスコカップ予選リーグ第2節、埼玉スタジアムでの一戦。この試合、レッズは失点の時間帯が悪く、1-4と大敗を喫してしまった。

特に良くなかったのは前半11分に清武弘嗣に許した先制点と、矢島慎也のプロ初ゴールで1-1と追いついた直後の、前半終了間際の失点。レッズの試合運びのまずさが目立った一戦だった。

セレッソは27日のヤマザキナビスコカップ予選リーグ最終節でサガン鳥栖に5-0と大勝し、決勝トーナメント進出を決めた。得点者は扇原貴宏、キムボギョン、柿谷曜一朗といった23歳以下の若手が中心で、その勢いには警戒を寄せる必要がある。

(元記事: http://bit.ly/LimtQ4 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 2 =