「チームとしてレベルを上げていく」ミシャ監督

ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第5節 vsサガン鳥栖後のコメント

「今日、ここで鳥栖と対戦するということで、難しい試合になることは分かっていました。過去の試合、鳥栖はホームで負けていない、ホームで非常に強いチームだということも分かっていました。前半に関しては積極的に攻撃を仕掛けるような形というのがあまり我々には見られませんでしたし、相手も積極的に攻撃を仕掛けてきたというわけではなかった。両チームとも前半は比較的、確実にゲームを進めていくという展開だったのではないかと思います。

質の高い縦パスや、後ろからのボールの持ち出し、数的優位の形が前半は特に少なかったと思います。後半、1点目の失点ですが、鳥栖の特別な攻撃、スローインからの攻撃の形で失点をしました。1点をリードされてからは、より、リスクを負って攻撃を仕掛けていく中、良い形もあって同点に追いつくことができました。
1-1の後、逆転するチャンスも作れていましたが、相手の長いボールからオウンゴールであったのかな(公式記録では水沼宏太の得点)と思いますが、非常にもったいない形での失点になってしまいました。非常に我々は失点の形がもったいない、安かったと思います。

しかしながら、勝利した鳥栖にはおめでとうと言いたいと思います。我々としては引き続き、ハードにトレーニングを積んで、自分たちが今日、してしまったミス、あるいはうまくいかなかった部分を改善するべく、チームとしてレベルを上げていくために頑張っていきたいと思います」

(元記事: http://bit.ly/L9WLfR 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 4 =