「選手たちと一緒に乗り切る」堀 孝史監督


© Urawa Red Diamonds

Jリーグ第31節vsジュビロ磐田後のコメント

「結果として残念なものになってしまいました。前半にセットプレーから1失点してしまって、その後に自分たちの攻撃でどうにか立て直そうとしましたが、なかなか相手のプレッシャーがあり、良い守備をしてきたので、相手の守備を攻略できなかった部分があったと思います。失点の部分に関して言えば、セットプレーのところ、あとはリスクマネジメントのところ、相手がやってくるであろうという想定内のことではありましたが、そこのところを修正できず、やられてしまったかなという印象です。ただ、この後、期間がちょっと空いて、リーグ戦が続いていきます。厳しい状況ですが、また選手たちと一緒に、どうにかこの状態を乗り切れるように頑張っていきたいと思います」

(元記事: http://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/news_7524.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + three =