さいたま市駒場運動公園競技場の通称が決定

浦和レッズはさいたま市駒場運動公園競技場(以下「駒場」と呼びます)および補助競技場の命名権(ネーミングライツ)取得に向け、さいたま市と基本合意し、契約締結に向けて協議を進めていますが、このたび、通称(ネーミング)が決まりましたのでお知らせします。

通称の決定にあたっては、ファン・サポーター、ホームタウンの皆様から通称案を公募し、1,748件の応募を頂きました。公募にご応募頂きました皆様に深く御礼申し上げます。お寄せ頂いた通称案を参考に、ネーミングライツ選考委員会での議論を踏まえ決定しました。

浦和レッズは、「サッカーの街・浦和」を育み、また「浦和レッズの聖地」とも呼ばれるようになった「駒場」の命名権取得により、「駒場」を歴史と伝統の懸け橋として位置づけるとともに、「サッカーの街・浦和」の発展に貢献して参ります。

(元記事: http://bit.ly/JLWa89 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − 1 =