「集中力と常に頭を使ってプレーすることが求められる」ミシャ監督

Jリーグ第12節 vs清水エスパルス 前日のコメント

「ここのところ、リーグ戦は3試合、勝ち星がありません。F・マリノス戦に負けて、磐田戦、新潟戦と引き分け、3試合、勝利がない中で明日のゲームを迎えます。選手も、そしてチームも、明日の試合は勝利したいという強い気持ちがあるのは確かです。

しかし相手は今、2位を走る清水です。清水はこれまで安定した戦いを見せてきたチームで、我々にとって厳しい戦いになるということもまた、確かです。

清水は攻撃的な選手が多くて、速い、そして1対1のところで、個人の能力で打開していける選手がそろっています。我々としては、強い気持ちをもって戦うということと、同時に冷静な頭をもって戦うということ、その部分をうまく同居させながら戦わなくてはいけません。集中力、そして常に頭を使ってプレーすることが求められます。勢いだけで前に前にといってしまっても、決して試合に勝利することはできません。我慢すること、そしてゲームの中で何をするべきかをしっかり頭に入れておくこと、球際の一つ一つを勝っていくこと、セカンドボールを拾っていくということ。そういったところをしっかりと意識してやらなければいけないでしょう。

川崎戦では、これまでリーグ戦に出ていた選手の半分以上を休ませることができました。ただ、3人の選手、阿部と元気は90分出場し、陽介も半分以上出ているということで、選手の組み合わせ、誰がスタートで行くのか、誰が後から入っていくのかについては、明日までにじっくりと考えて決断をしなければいけません。誰がスタートで出るか、ということではなく、いかに我々が勝利するためにチームとして戦えるか、その点を考えて決断しなければいけません」

(元記事: http://bit.ly/KHWQK5 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − one =