「目指す方向性は示せている」ミシャ監督

第11節 vsアルビレックス新潟後のミシャ監督コメント

「試合前にこうなるだろうと思っていたとおりの展開になりました。新潟というチームはこれまで10節戦ってきて、セレッソ大阪とサンフレッチェ広島に勝利しているチームです。セレッソとサンフレッチェはしっかりとボールをつないで攻撃ができる、そういうことが一番、うまくできるチームに対して、新潟はアウェイで勝利しています。 相手は予想通り、自陣でコンパクトに守備をして、相手が危険な形でボールを失い、ボールを奪ってから、前にいるロペスとミシェウという2人の選手を使って、カウンターを仕掛けていく、それが相手の狙いでした。相手がしっかりと守備を固めてくる中で、そこを崩すというのはなかなか簡単ではありません。そういった相手でしたが、前半、我々はサイドをうまく使って攻撃を仕掛けることができたと思います。

残念ながら平川がケガで交代しなければいけなかったのは我々にとって、マイナス要因でした。逆サイドの梅崎もケガ明けで、本来の調子ではなかったと思います。本来の調子で、サイドで1対1の場面を突破することができたら、もっと良い形での崩しができたのではないかと思います。

真ん中で少しボールの落ち着きがなかったという部分もあったと思いますが、サイドからうまく攻撃を仕掛けることもできました。原口が2点目を取っていれば、試合はもう決まっていた、そういった前半でした。ここのところ、我々は失点をしています。マリノス戦はセットプレーで2失点、磐田戦はクロスから2失点、そして今日はスローインからの失点。本来であれば、あってはならない失点です。後半はオープンなゲーム展開になりました。相手も2回、3回、良いチャンスがあったと思いますし、我々の方も2回、3回、良いチャンスを作れていたと思います。最終的に今日のゲームは引き分けで終えたわけですが、時間帯によっては狙いとする攻撃の形というのがすごく良く出ていたときもありましたし、試合を通してそれがコンスタントに出せないという部分もありますが、90分を通して、自分たちのやるべきことをやりきれるようになれば、我々はもっと良いチームに成長できるのでないかと思います。

ただ、我々はそういった意味ではまだプロセスの段階です。選手たちは勝利すべく、最後まで必死に戦ってくれたと思います。もちろん何人かの選手はもっと自分のプレーというのをベターにしなければいけないと思いますし、チームとしてももっと成長しなければいけないと思います。

ただ、サッカーというのは今日、明日ですぐに、すべてがうまくいくわけではありません。引き続き、一歩一歩、前進していかなければいけません。そして引き続き、日々、ハードワークをして、成長していかなければいけません。我々が目指す方向性は、見ている方々に示せているのではないかと思います。まだ何人かケガ人がいる中で、戦っていますが、そういった選手たちも徐々に戻って来れば、もっとチームとして良い戦いが見せられると思います」

(元記事: http://bit.ly/JmNDsK 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 4 =