「我慢を必要とするゲームになる」ミシャ監督

Jリーグ第11節 vsアルビレックス新潟 前日のミシャ監督コメント

「毎試合、ほとんど同じコメントしかしませんから、皆さんもそろそろ退屈になってきたかもしれませんね(笑)。ご承知のとおり、新潟はここ10試合で8ポイントを取っているチームで、2勝2分けでそのポイントを取っています。その2勝はアウェイで勝利をしています。これは私の見方ですが、新潟がアウェイで勝利している2試合は、リーグの中でも最も攻撃的な、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島という2チームから勝利を挙げています。

その結果は我々に対して、大きな警告をうながしています。次のゲームは決してなめてかからないことです。しっかりと本気で、相手をなめてかからずに入らないといけません。相手は、ここまで戦ってきたように、良いディフェンスをした中から、危険に攻撃を仕掛けられる、そういうチームです。我慢をしてしっかりと守備を固めて、相手が危険な形でボールを失うのを狙って、カウンターを仕掛けてくるというのが狙いでしょう。ミシェウ、ブルーノロペスは危険な、速い選手です。そこは気を付けなければいけないでしょう。

そして、我々としては我慢を必要とするゲームになると思います。よく走り、アグレッシブに、一つ一つの球際を勝っていくことが求められる、そういうゲームだと思います。そういったゲームにはアイデアというものが必要になってきます。受け手と出し手というのがしっかりとタイミングを合わせて、相手があけているスペースというのを早く使って、危険な走りをしてそこからしっかりと攻撃を仕掛けなければいけません。このJリーグというリーグは、どのチームがどのチームに対して勝利してもおかしくない、どっちに勝負が転ぶか分からない、非常に力の拮抗したリーグです。明日も我々にとって非常に厳しいゲームになるのは間違いありません」

(元記事: http://bit.ly/Lw3PEQ 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − six =