「次のゲームに向けて切り替える」ミシャ監督

第10節 vsジュビロ磐田後のコメント

「両チームの選手にとって非常に厳しいゲームだったと思います。なぜなら両チームとも木曜日に試合をして中2日でのゲームということでコンディション的には非常に厳しいゲームでした。前半は前節と同じような形になってしまいました。相手の方が一歩、二歩、常に反応が早く、五分五分のセカンドボールもよく拾われて、押し込まれた形を作られてしまったと思います。なかなかそういった形でボールが収まらない中、攻撃に割く時間というのはなかなか作れませんでした。

ただ、ディフェンスのところでは、相手に効果的な攻撃はさせなかったのではないかと思います。磐田は攻撃に強いものがあると思いますが、その磐田に対して崩された形を相手に作らせなかったのではないかと私は思います。我々は2失点、しましたが、2失点とも、クロスから合わせられての失点、どちらもほとんど同じような形での失点になりました。

前半、1点リードされた形で折り返した後半、逆に我々が相手を押し込むような形で攻撃を仕掛けられたのではないかと思います。そういった中で、1-1に追いつき、2-1と逆転して、3点目を取れるチャンスもいくつかあったのではないかと思いますが、それを決めきれずに、また1失点目と同じような形で、失点をしてしまいました。もちろん、勝利できなかったことは残念ですが、アウェイで1ポイントを取れたことは、我々としてはOKという考えで、次のゲームに向けて切り替えてやっていかなければいけないと思います。

選手たちは後半、特に勝利への貪欲な気持ちを見せて逆転しました。残念ながら2失点目を喫してしまいましたが、そういった試合があるのもサッカーだと思います。長いシーズンを戦っていけばこういったゲームもあります。とにかく我々は、そうして失敗をしたところからしっかりと学んで、次につなげていければ、と思います」

(元記事: http://bit.ly/J1Cqxq 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + 11 =