「両チームとも非常に難しい試合」ミシャ監督

Jリーグ第10節 vsジュビロ磐田 前日のミシャ監督コメント

「ジュビロ磐田と対戦するということは常に難しいものです。次のゲームは、我々にとっても難しいゲームですし、磐田にとっても非常に難しいゲームだろうと思います。 磐田はリーグ戦で2連敗していますし、我々はこの前のゲームで、F・マリノスに負けています。磐田は2連敗を止め、うまくいっていなかったものを勝利によって良い方向に持っていきたいと思っている試合でしょう。それは我々としても同じです。非常に厳しい、ハードなゲームになると思っています。

磐田は今シーズン、ホームで良い成績を収めています。今シーズン、ホームの公式戦はリーグ戦、カップ戦あわせて6試合(※監督は7試合といっていましたが磐田HPで確認したら6試合でした)、すべて勝っています。磐田というチームはベテランと若手がうまく融合した素晴らしいチームです。相手の強さ、良さというのは、どのチームももう分かっていると思いますが、右サイドの駒野、中盤右の山田、それと関わる前田、その3人の絡みが一番、危険で、そこをいかにうまく抑えるかというところが非常に大事なところです。

もちろんそれ以外の選手も非常に危険な選手がいるのは間違いありません。ただ、相手の右サイドの攻撃は非常に危険だと思っています。我々は最近、セットプレーからの失点が多く、クロスからの失点もあります。良いポジションをとれていて、数的優位を作れている状況、しっかりとマークをしているにもかかわらず、失点しているという点では、最後のところでしっかりと集中して守備をしなければいけないと思っています。F・マリノス戦の1失点目も、ペナルティーエリアのところで、人にはついていましたが、最後のところでシュートに対してブロックにいけませんでした。CKからの2失点目では、マークはついていましたが、最後のところでつききれていない。そういったところで失点をしています。

逆に言えば、私たちのCKのシーンで、槙野がフリーでヘディングをしている。そういったところを決めきれなかった。もちろん、そういうことがあるのがサッカーですが、我々はそういったところから学んで、次の試合につなげていかなければいけません。

試合をとおして、ベストなチャンスは槙野のヘディングだったと思いますが、それもまたサッカーです」

(元記事: http://bit.ly/ILvy6q 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =