「我々はまだプロセスにある」ミシャ監督

Jリーグ第9節 vs横浜F・マリノス 前日のミシャ監督コメント

「毎回、こうした記者会見の場でお話をすることですが、Jリーグの試合はどんな対戦であっても非常に難しいものです。明日はF・マリノスとの対戦ということで、我々にとっては相性の悪い対戦だと聞いています。過去のホームゲームでは4連敗しているというふうにうかがっています。

この対戦が両チームにとって、非常に重要な戦いになることは皆さんもご承知のとおりです。我々にとってこの対戦は、名古屋戦とは若干、状況が違います。大宮戦、我々はダービーで負けて、非常に痛い敗戦をしたわけですが、そういった敗戦をした後で、私は選手に対して、よりポジティブに考えていくことをうながしました。ネガティブなことをいうのではなく、特に大宮戦の後半、我々は良かったわけですから、負けはしましたが良かった部分というのにスポットを当てて、ポジティブに考えていこうということを試合に向けてやってきました。

監督として、名古屋戦の前に選手たちに働きかけたことは、気持ちを切り替えること、メンタル的な部分で、強い気持ちをもって名古屋戦に臨む、ということです。サッカーというのは、一つ負けてそれで終わってしまうわけではありません。次の試合はどんどんやって来ます。いちいち負けを引きずっていては駄目だと。そういった意味で気持ちの部分の強さというのを選手に求めました。 名古屋戦で我々が勝利した後、今回のマリノス戦に入るに当たって、監督としては、名古屋戦の前とは違った状況だと思っています。名古屋戦は我々にとって大きな勝利であったと思います。そのように、大きな勝利を得た後というのは、自分たちのやってきたことをうまく出せなくなってしまったり、試合で良い結果を残せなくなってしまったり、ということが、よくありがちです。ああいった勝利の後、選手が『自分たちはどのチームとやっても勝てる』と油断する気持ちになってしまうことはよくあります。そういったことが起こると、チームとして戦わず、一人で自分勝手なことを始めてしまったり、『自分たちはすごいチームだ』となんの根拠もなしに勝てるんだと思ってしまったりします。

気持ちの部分での油断は起こりがちです。私が選手に働きかけたのは、我々はまだプロセスにある、ということです。我々はまだ何も得ていない。常に地に足をつけて、フィールドにいる11人と、チームにいるすべての選手が日々、ハードワークしてやっていかなければいけない、ということです。 明日のゲームは、チームが一丸となって戦わなければいけません。自分たちのサッカーというのをしなければいけないし、一人一人が自分たちに与えられたチームの中での役割をしっかりと果たすこと、チームが自分たちの戦術を機能させること、それがすごく大切です。そして、常に基本となる、走ること、戦うこと、規律を守っていくこと、そういったことをしっかりとやっていくことです。F・マリノスは代表クラスのセンターバックが2枚いて、攻撃的なところに大黒、小野、齋藤、兵藤と運動量の多い、危険な動きのできる選手がそろっているチームです。我々は相手の動きをしっかりと抑えなければいけないし、集中して相手の動きをケアしなければいけません。

今週、我々はF・マリノス戦に向けて良いトレーニングができています。厳しいゲームにはなると思いますが、私自身は、明日のゲーム、良い試合になるのではないかと思っています。とにかく、自分たちのサッカーをすることです。明日、我々は必ず、それができるはずです」

(元記事: http://bit.ly/IWqYRn 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 11 =