原口「結果を残さないと何も生まれない」

プロ初ゴールは2009年4月12日、2年目のシーズン初ゴールは2010年5月5日、3年目は2011年4月24日。

原口元気は、5月9日の誕生日を迎えるまでに必ずそのシーズンの初得点を記録してきた。前節名古屋グランパス戦では惜しい場面があったが、エリア内左から放った右足シュートはGK楢崎正剛に阻まれてしまっている。

チームはリーグ戦で結果を残し、現在3位に付けている。チームの雰囲気も流れも良い。だが、その良い流れに乗り切れていない自分を、原口は感じてもいる。

そんなとき頭に浮かぶのは、やはりゴールするということだ。ゴールできれば、自分もリズムに乗っていけるのではないか。そのためにも、ゴールを決めたい。 そんな欲求が、今、原口の体内にはふつふつと湧き上がっている。

(元記事: http://bit.ly/IpJ8fL 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − four =