加藤「期待に応えられるように、熱く戦いたい」

2003年にレッズユースからトップチームに昇格。9年目となる2011シーズン、リーグ戦デビューを果たしたGK加藤順大。その節目となる試合は、NACK5スタジアム大宮で開催された、大宮アルディージャ戦だった。そしてミシャ監督が指揮官となり、新しいスタイルを追求する、現在のチームにあっても、加藤は存在感を示し続けている。ユース時代から常に意識をし、決して負けたくない相手。「ダービー」を前に、加藤が強く意気込みを述べた。

(元記事: http://bit.ly/Ic84BP 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です