「全力で引き続き戦っていきたい」ミシャ監督

ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第3節 vsセレッソ大阪後のコメント

「敗戦というのはどんなものであれ、痛いものです。私の見解では、点差が開いた形で敗戦はしましたが、決して点差ほどの差があったゲームではなかったと思います。点を取られた時間帯がいずれにしろ、悪かったとは思います。 前半、立ち上がりにロングシュートを決められ、前半の終わりには1-1に追いついたのですが、終了間際に2点目を取られてしまいました。

後半立ち上がりには3点目と、取られた時間帯に問題があったかと思います。試合を通して、我々は失点を重ねましたが、攻撃の部分ではサイド、あるいは中央をよく崩せたシーンもありました。残念ながら今日は、最後のシュートの精度や、ラストパスの精度、あるいはサイドからドリブルで相手を崩すシーン、そういった具体的に得点に直結する最後のところの精度は欠いてしまったと思います。1-3に点差が広げられた後も、我々の選手たちは最後まで、2点目を取るべく全力で戦ってくれた。その気持ち、あきらめないファイティングスピリットを見せられたことは非常にポジティブに見られるところです。 最後、点差が開いてしまった中で、選手たちはそれでも点を取りにいった。その姿勢が最後、若干前掛かりになってしまった部分、全体のバランスを崩してしまった部分はありましたが、最後まであきらめない戦いを見せてくれました。

今日の試合では、我々に足りなかった部分というのが見られたことも、今後、それを改善していく上で、ポジティブにとらえられるのではないかと思います。今日も若い選手にチャンスを与えて試合をしましたが、そういった選手たちは1試合、1試合、成長していると思いますし、ナビスコカップの残りの3試合、我々としても予選を突破するべく、全力で引き続き戦っていきたいと思います。

そして、今日、平日にもかかわらず見に来てくれたサポーターの皆さん、我々は1-4と大差で負けてしまいましたが、最後の最後まで選手たちを後押しして応援してくれたことは本当に素晴らしいと思いますし、そういったサポーターの皆さんに感謝したいと思います」

(元記事: http://bit.ly/J4US5W 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =