浦和論究「よみがえった高揚感と団結心。浦和らしさを取り戻しつつある理由」 (サッカーキング記事)

浦和レッズマガジン2012年5月号掲載】

昨季王者・柏レイソルをホーム開幕戦で撃破、最後は9人となった川崎戦では耐えしのんで貴重なドロー。今季の浦和レッズは、序盤戦はファンの心をとらえるゲームを繰り広げている。そんな順回転を作り上げているのは、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督だ。主力でも手を抜けば叱咤し、バックアップメンバーに対しては新たなポジションで起用するなど、可能性を模索している。チーム全体で取り組むチャレンジは、加速度を上げていく。

(元記事: http://bit.ly/IXTsv2 サッカーキング記事)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 1 =