vs神戸「阿部復帰後初ゴール、ホーム完封勝利を飾る」

14日、チームは埼玉スタジアムでの第6節ヴィッセル神戸戦を迎えた。

レッズのメンバーは前節鹿島アントラーズ戦と変わらず。15時3分、前夜から続く雨の降るなかヴィッセルボールでキックオフされた。 最初のチャンスは6分。平川の右クロスがゴール前にこぼれたところをポポが蹴り込もうと左足を振るが、DFのブロックに遭う。8分にはヴィッセルのMF大久保のエリア左外からのシュートが枠の左角を直撃。9分にはカウンターから平川の右クロスにマルシオ リシャルデスが頭で合わせるが、惜しくもバーの上。前半はその後も互いに自分たちの時間を作り、そのなかでシュートチャンスを創出するという展開に。だが、両チームともラストパスやシュートの精度を欠いて、0-0のまま後半を迎える。

(元記事: http://bit.ly/HL4X5Q 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − fourteen =