「勝利に価するプレーができた」ミシャ監督

Jリーグ第5節 vs鹿島アントラーズ試合後 ミシャ監督コメント

「試合の方は非常にクレイジーな形で始まったと思います。最初の5分で3ゴール、入るという珍しい展開でした。1-0でリードされてから、すぐに同点、そして逆転したわけですが、立ち上がりの20分過ぎくらいまで、選手たちは非常にバタバタしていたと思いますし、怖がりながらプレーをしていたと感じました。ミスが非常に多かったと思います。 20分過ぎからは、リズムを取り戻して良い攻撃の形がいくつも出せたと思います。そのなかで我々は3点目を取ったわけですが、得点以外のシーンでも良い形の攻撃もたくさんあったと思います。ラストパスの精度であったり、走り込む選手が少し遅く入ってしまったりと、最後のところは合わなかったですが、前半の20分過ぎからは、非常に良い攻撃の形が出せたと思います。

後半に入ってからは鹿島の方がより、リスクを負ってきて、我々はそれに対して、速攻を仕掛けるという展開でした。五分な展開だったと思います。最終的には我々は3-1で勝利したわけですが、試合を通してみれば、我々は勝利に価するようなプレーができたゲームだったと思います。結果や、今の順位が見せるよりも、鹿島は良いチームであると私は思っています。そして良い内容のサッカーをしています。鹿島が今、必要なのは一つの勝利だと思います。必ずこのチームは上がってくるんじゃないかと思っていますし、そういった質のあるチームだと私は思っています」

(元記事: http://bit.ly/HvnGE0 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =