山田暢久「みんなが共通理解を持っている」

3月20日に始まった今シーズンのヤマザキナビスコカップ予選リーグ。初戦、レッズはホームでベガルタ仙台を1-0で破り、幸先の良いスタートを切った。次戦の相手は、公式戦5試合負けなしのジュビロ磐田。アウェイの試合とはいえ、ここで勝ち点を積み重ねていくことは、ナビスコカップの予選突破のみならず、チームとしてさらに確固たる自信をつけていくことにもつながる。前回のリーグ・川崎戦では62分からの途中出場ながら、数的不利な状況で奮闘、体を張って勝ち点をもぎとることにも貢献した山田暢久。リーグ屈指のベテランが、目の前の一戦に必勝を誓った。

(元記事: http://bit.ly/HPnVLe 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + eleven =