vs川崎「数的不利の中、凌ぎきりホームでドローに」

31日、J1第4節。浦和レッズはホームに川崎フロンターレを迎えた。試合30分前の天候は暴風雨といっていい状態だったが、直前にはなんとか小降りになって15時3分のキックオフを迎えた。

レッズはデスポトビッチが腰痛のためメンバー外となり、ポポがリーグ初先発。それ以外は前節コンサドーレ札幌戦と同じメンバーで臨んだ。 前半5分、レッズはビルドアップからしっかりとパスをつないでリズムを作り、6分には柏木とポポのコンビネーションで柏木がフィニッシュ。10分には梅崎が左サイドで1人かわしてクロス、ニアに走りこんだポポが頭で合わせてゴール左下に決める。なお、このポポの先制弾はレッズのJ1リーグ戦通算950点目のゴールとなった。

(元記事: http://bit.ly/H4dpeh 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =