オズワルド オリヴェイラ監督 広島戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第13節 サンフレッチェ広島戦 試合後のコメント

「我々にとって、悲惨な午後となりました。前の試合でかかった負荷、その影響が大きかったと思います。火曜日の試合の、消耗の度合いの評価をしきれなかったのかなと思っています。間の日数が4日間でしたので、選手たちが十分回復できているという見込みで、本日のメンバーを編成しました。しかし不運なことに、そうではなかったということがあったと思います。また、急激な気温の変化も、そこで悪影響を与えた可能性もあります。

そのようないくつかの要素がありますけど、本日の一番大きな敗因は、相手のレベルの高さ、相手が勝利に値する内容で戦ったことだと思います」

(元記事: http://bit.ly/2EwkwmY 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + 8 =