第34節 vsFC東京「リーグ最終節を3-2の勝利で飾る」

12月1日、浦和レッズは埼玉スタジアムで、明治安田生命J1リーグ 第34節(最終節)、FC東京戦に臨んだ。

レッズは李の2ゴールと、柴戸のプロ初ゴールでFC東京を退け、今季リーグ最終節を3-2の勝利で飾り、順位を一つあげて5位でリーグを終了した。

中3日で天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準決勝 鹿島アントラーズ戦を控える中、オズワルド オリヴェイラ監督は、興梠や武藤、長澤といった主力組に代えて、アンドリューや李、荻原、柴戸らをスタメンに起用。累積警告の影響で前節の湘南ベルマーレ戦を欠場した柏木、日本代表戦での脳振とうの影響が心配された槙野もスターティングメンバーに名を連ねて試合をスタートさせた。

(元記事: http://bit.ly/2PeQiY3 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 13 =