vs仙台「ナビスコカップ初戦、ホーム勝利で好発進」

20日、レッズは埼玉スタジアムでのヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節、ベガルタ仙台戦に臨んだ。

レッズの先発は17日の柏レイソル戦から大幅に変更。前日の練習後にミシャ監督が語った通り「若い選手と経験のある選手の良い組み合わせ」を考えた末のメンバーとなった。GK山岸、DFスピラノビッチ・永田・濱田、ボランチに山田暢と小島、中盤右に岡本、左に宇賀神。2シャドウにキャプテンマークを巻いた柏木と山田直、1トップにポポが入った。

(元記事: http://bit.ly/GB289X 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − fifteen =