ナビスコカップ開幕、戴冠を狙いホームで白星発進を

7日のJリーグ第2節で昨シーズンのチャンピオンである柏レイソルを1-0で下し、4年連続ホーム開幕戦白星を収めた浦和レッズ。ホーム通算400試合目でもあったメモリアルマッチ勝利の後には、ファン・サポーターと選手たちがともに「We Are Diamonds」を歌い上げ、スタジアムは最高の雰囲気に包まれた。

歓喜の余韻の残る埼玉スタジアムでレイソル戦から中2日の20日(火・祝)15時にキックオフされるのが、ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節ベガルタ仙台戦だ。

今シーズンのナビスコカップは2年ぶりに予選リーグが復活した。レッズはベガルタ仙台、ジュビロ磐田、セレッソ大阪、川崎フロンターレ、サガン鳥栖、サンフレッチェ広島とともにAグループに入った。20日のベガルタ戦を皮切りに、6月27日の最終第7節サンフレッチェ広島戦まで7チームによる1回戦総当たりの戦いを行い、上位2チームが7月から始まる決勝トーナメントに進出する。

(元記事: http://bit.ly/yMeToM 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × two =