第17節 vsC大阪「遠藤のラストマッチは1-1のドロー」

22日、浦和レッズはヤンマースタジアム長居で、明治安田生命J1リーグ 第17節、セレッソ大阪戦に臨んだ。

ベルギー1部リーグ、シント=トロイデンVVへの完全移籍が発表された遠藤 航のラストマッチとなった今節は、レッズが先制を許すも興梠の今季7ゴール目で同点に追いつき、アウェイで貴重な勝ち点1を奪った。

(元記事: http://bit.ly/2LfJrRg 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 10 =