vs柏「ホーム通算400試合、2012ホーム開幕で勝利を飾る」

17日、ホーム開幕戦。あいにくの雨模様だったが、埼玉スタジアムには4万1069人のファン・サポーターが詰めかけ、14時4分のキックオフ直前には「We are Reds!」コールで選手たちを後押しした。

前節サンフレッチェ広島戦先発からレッズは3人を変更。GK加藤、DF坪井・永田・槙野、MF平川・啓太・阿部・梅崎・柏木・原口、FWにデスポトビッチというメンバーで臨んだ。

前半序盤は柏レイソルにボールを回される時間が多かったが、8分に柏木のパスを受けた原口がペナルティーエリアすぐ外から右足シュート。GKに防がれたものの、このシュート以降、レッズはリズムをつかみ、じっくりとパスを回していく。21分には相手ディフェンスラインの背後に飛び出した柏木に、原口が絶妙な浮き球を送って決定機を演出。エリア内ゴール正面で胸トラップした柏木が左足ボレーで捉えるが、シュートはバーを越えた。 一進一退の攻防がつづくなか、30分には槙野がオーバーラップ。エリア左角で梅崎のパスを受けてから、原口とのパス交換でゴールエリアまで侵入。GKが出てきたところを右足アウトサイドで折り返したが、飛び込んできたデスポトビッチには惜しくも合わなかった。

先制は素早い切り替えから。36分、前線へのパスが流れて相手ボールになったところを、デスポトビッチがチェイシング。エリア右角でジョルジ ワグネルからボールを奪い、GKが出てきたところを左足でゴールニアサイドに叩き込んだ。

(元記事: http://bit.ly/FP62fr 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =